電気フライヤーあげあげ(EFK-A10)の使い方と口コミは?

調理家電

揚げ物が好きな人は多いと思うのですが、
これを家で作るとなると、油を使うのでいろいろと面倒になってしまいますよね。

揚げ物を作っている間も油が跳ねたりしますし、後片付けも大変です。

それが原因で、揚げ物を敬遠してしまうこともあります。

そこで便利なのが「電気フライヤー」。
揚げ物専用の調理家電ですね。

ただ、電気フライヤーも種類がいっぱいあって、どれがいいか迷うのですが、
今一番人気がある電気フライヤーが
電気フライヤーあげあげ EFK-A10
というものです。

ここでは、この電気フライヤーあげあげの使い方や口コミなどについて紹介します。

電気フライヤーあげあげの使い方と特徴

電気フライヤーの使い方は簡単です。
油を指定された量入れて、スイッチをいれるだけ。

あとは、温度調節などもできますので、普通の揚げ物と同じように使えます。

この電気フライヤーの特徴は、
内幅が広く、19cmほどのエビやかき揚げなど、大きな揚げ物を揚げることもできます。

また、1000Wのハイパワーで、食材がサクッと揚がります。
揚げ物調理が苦手な方も気軽に使えますよ。

温度調節は、160~200度となっています。

温度は食材に合わせて調節するとうまく揚がります。

内容器は汚れがこびりつきにくいフッ素加工になっているので、
お手入れや油の処理が簡単にできます。

ただ、内容器だけを取り外すことができないので、丸洗いはできません。

デメリットもありますが、大きさや使い勝手がいいなどのポイントが人気の理由となっています。

電気フライヤーあげあげの口コミ

実際に使った人の口コミをあつめてみました。
購入する際の参考にしてみてください。


油1リットル必要なので、でかいな~と思いましたが、
4人家族で具材を揚げるにはちょうどよかったです。
買って損はないです。


大きさも「エビ」や「掻き揚げ」も揚がるサイズでちょうどいいですね。
操作もシンプルです。
終わったら油を濾し網付き油壺に流し入れてペーパーで拭くだけなので、手入れも簡単です。


わいわいと揚ながら食べるのに丁度良いサイズでした。
ただ、仕切り板など油切りのような支えが全く無いので、
ご飯を食べながら串を揚げるという用途には向いていません。
揚げ物をするためであれば全く問題ないとは思いますが串揚げをするなら別のものがいいですね。


油はねがイヤで揚げ物は買ってくるか外食でした。
でも家族の願いがあってレビューを参考にフライヤーを買ってみました。
実際使って見ると油はねもほとんどなく使いやすかったです。


ガス代が高いので両親が欲しがっていました。
電気なので天ぷらも安全に揚げることができ、熱々が食べれます。
掃除は不便ですが買って良かったです。

まとめ

電気フライヤーあげあげについて紹介しました。
やはり便利さが人気の理由のようですね。

洗うのが少し大変という口コミもありますが、概ね好評のようです。

タイトルとURLをコピーしました